全国どこでも、転職の失敗を防いで希望の転職に成功するための直接指導を受けられるマンツーマン転職実践塾

MOSの資格を取るよりも転職活動に励んだ方がまし?

MOSの資格を取るよりも転職活動に励んだ方がまし?

転職のためにMOSの資格を取ろうとしていますが、調べたところ取ってもあまり意味がない資格だと知りました。

資格を目指すよりも、その間に転職活動に励んだ方が良いと思いますか?


和多田 の回答

今回はMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)についての質問ですが、もう少し広い観点から資格取得についてお答えしたいと思います。

基本的な考え方について言えば、一部の(超)難関資格を除けば、持っているだけで採用が非常に有利になることはまずないと考えた方が良いでしょう。

資格は持っているが実務経験がまったくない人よりも、資格はないが豊富な経験・実績を持っている人がいれば、企業がより評価するのは後者です。

机上の勉強よりも、実務における経験や実績の方が、転職先での職務貢献に直結すると考えられるからです。

MOSも、ただ持っているだけで強力な後ろ盾になることはないでしょう。

しかし、経験、実績に大きな差がなければ、資格はないよりもあった方がマシであることも否定できません。

資格は、一定の技量を持っていることの客観的証明であるだけでなく、仕事に対する意欲や熱意、一定の期間勉強に打ち込む集中力・持続力などの証明でもあるからです。

ただ、いずれにしても、転職のために資格を取る、という考え方には、私は少し違和感を感じます。

資格はキャリア形成の一環で取得していくものであり、「資格を目指す」ことと「転職活動に励む」ことは、本来別次元の話です。

あなたが思い描くキャリアアップのレール上で、MOSが必要なものかどうかを検討し、判断して下さい。

無料転職相談 転職塾メニュー一覧

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional