全国どこでも、転職の失敗を防いで希望の転職に成功するための直接指導を受けられるマンツーマン転職実践塾

転職市場の現状と対策

長期失業者が続出する時代

サラリーマン

総務省統計局によれば、平成22年、23年と続けて「失業期間1年以上」の人が100万人を超えました。

完全失業者の実に3人に1人が、1年以上失業状態にあることになります。

もちろん、誰もが最初から長期失業者であったわけではありません。

「何とかなるだろう」と、本を読み、ネットで情報を調べ、ハローワークに通うなど、自分なりに転職活動を行い、数ヶ月経って自力で転職することが難しいことに気づくのです。

そして転職活動の怖いところは、気づいてからでは遅いということです。

いったん失業が長期化すると、その間の収入が絶たれるだけでなく、失業期間が長いという事実だけでますます採用されることが難しくなり、また採用されたとしても雇用条件は厳しくなっていくのです。

手遅れになる前に手を打つ

転職に悩むサラリーマン

確かに世の中には転職に関する情報があふれています。

しかし、だからと言って誰もが希望の転職を果たせるわけではないことは、上記のデータが示す通りです。

その最大の原因は、現在の転職市場の需給バランスが大きく崩れ、大幅な買い手市場となっていることであり、将来的にもその状況が大きく改善することは難しいでしょう。

そしてもう1つ、世の中には同じキャリア・経験の持ち主はないため、有効な転職活動というのは人それぞれに違うということが挙げられます。

確かに言えることは、自力で希望の転職を果すことが難しい時代になったということと、手遅れになる前に手を打つことが大切だということです。

1日も早く希望の転職を成功させるためには

サポートを受けるサラリーマン

ずばり、専門家のサポートを受けることです。

それも、マンツーマンで、100%あなた本位のサポートをくれる専門家に。

希望の学校に合格するために塾があり、免許を取るために自動車学校がありますが、お金を払って転職サポートを受ける人はほとんどいません。

しかし、職を得てキャリアを積むということは、人生そのものに関わる極めて重要なことであり、また早期に良い転職を果たせた人とそうでない人との間には、場合によっては数千万単位の収入格差が生じることすらあるのです。

ですから、良質な転職支援に対する支出は、これ以上ないほどリターンの大きな投資だと確信しています。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional