全国どこでも、転職の失敗を防いで希望の転職に成功するための直接指導を受けられるマンツーマン転職実践塾

効率の良い転職方法が知りたいのですが?-3

効率の良い転職方法が知りたいのですが?-2

今の仕事がとても忙しく、転職活動に十分な時間を割けません。
短時間で転職先を決めたいのですが、効率的な転職活動をするにはどうしたら良いでしょうか。


和多田 の回答

「効率のよい転職」に関して、もう少しだけ補足したいと思います。
新聞等では「失業率が改善した」「有効求人倍率が改善した」などの報道が度々出ます。

確かに2008年にアメリカに端を発した金融危機直後の状況に比べれば、そうした数字は確かに改善していると言えます。

しかし、その水準は依然として低く、有効求人倍率で言えば金融危機前の6~7割程度しかありません。

何より、短期的にはともかく、長期的な観点では今後の日本経済は非常に厳しくなっていくものと考えられます。

そうした状況では、生半可な転職活動ではとうてい希望の転職先を得ることはできません。

特に、中高年など条件的に不利な方は、それこそ「死に物狂いで」「必死に」求職しないと始まらないのです。

今の転職市場は、たとえるならば、下りのエスカレーターを逆走して上の階を目指すようなものです。

静止した階段なら、自分が登っただけ上に上がることができます。
上りのエスカレーターなら、自分が動かなくても勝手に上がっていきます。

しかし、下りのエスカレーターでは、エスカレーターを上回るスピードで登って初めて上に上がることができます。

必死に高いスピードを維持し、上の階まで登り切った人だけが望ましい転職を果すことができ、スピードを維持できない人はズルズルと下がっていき、転職できないか、あるいは低い条件での転職に甘んじることになります。

「できるだけ楽して」とか「無理なく活動して」などと考える人は、この下りのエスカレーターに抗えない可能性が大です。

効率のテーマと真っ向から逆行している気もしますが、これは真実です。

最後は、理屈や効率ではなく、必死にがんばれる人が勝つ。

そう思います。

無料転職相談 転職塾メニュー一覧

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional